今年のバレンタイン、だれにプレゼントを贈(おく)った?―Whom Did You Give Gifts On This Valentine’s Day?

2月14日はバレンタインデー。バレンタインデーの定番商品といえば、多くの人がチョコレートをイメージするでしょう。3月14日は日本では「ホワイトデー」ですが、これは日本とアジアの一部の国だけの習慣で、海外では一般的ではありません。

そんな日本と海外のバレンタイン事情のちがいについて、今回はカナダ出身の留学生にインタビューしました。

英語と日本語で、よんでみよう!


日本のバレンタインデーは、女の子が男の子に告白するんだ。カナダでは、そういった文化はあるのかな?

Valentine’s Day in Japan is the day for girls to express their true feelings to their secret crushes. I wonder if you have a similar culture in Canada.

 


日本のバレンタインデーのことは、よく知っているよ。アニメや漫画(まんが)でよく見る習慣だからね。カナダは、告白するといった青春的な文化は無(な)いかな。

I know a lot about Valentine’s Day in Japan  because it is a common custom often seen in anime and manga. We don’t have that kind of a cultural custom in the springtime of youth like asking somebody to go out with you in Canada.

 


カナダでは、チョコレートをたくさん買って、周(まわ)りに配る習慣はあるの?

Do you have a custom of buying and giving  chocolate to the people around you in Canada?

 


カナダでは、ハート型(がた)パッケージのバレンタインチョコレートが売られているよ。しかし、スーパーで売られているチョコレートは安くて、高級(こうきゅう)ギフトではないかな。本命の人にはチョコレートを贈(おく)るかわりに、家やレストランで過ごし、大体は静かな場所で、カップル同士(どうし)で過ごすかな。

We  search for heart-shaped  Valentine chocolate sold in Canada. However, the chocolate sold in supermarkets look cheap and aren’t of high quality. Instead of giving chocolate to their beloved, couples generally prefer spending time together alone at home,  at a restaurant,  or somewhere quiet.

 

もっとくわしく!

日本の百貨店では、チョコレートを買ってもらおうと、様々なバレンタインフェアが開催されました。そこで、関東(3店)、仙台(1店)、名古屋(1店)、大阪(2店)、福岡(3店)の10店舗で行われたバレンタインフェアを見ていきましょう。

① 西武池袋本店

約100のチョコレートブランドが集う「チョコレートパラダイス 2022」が実施されました。6つのテーマを提示することによって、その人に合ったチョコレートを購入することができたのです。ガーナ産カカオを使用したチョコレートが、マーハチョコレートから販売され、売上一部は現地の支援に充てられています。

Seibu Ikebukuro Main Store

“Chocolate Paradise 2022″ was held with about 100 chocolate brands. 6 themes were presented so that people could buy chocolate that fit their needs. Chocolate made from Ghanaian cacao were sold by Maha Chocolate, and a portion of the proceeds is used to support the local community.

② 新宿タカシマヤ

“ショコラの祭典”として、「アムール・デュ・ショコラ」が開催され、100以上のブランドが集いました。中でも、様々な配慮がされている商品が販売されました。1つ目は、パリ発のヴィーガンショコラで、ヴィーガン、オーガニック、プラスチック不使用をコンセプトとしています。2つ目は、品質的に問題なく、茶色い斑点などの見た目から廃棄されるバナナを使用した、サステナブルなショコラです。

Shinjuku Takashimaya

The “Amour du Chocolat” was held as a “Festival of Chocolat” with over 100 brands. Some of the products were made with various considerations in mind. The first was a vegan chocolat from Paris, based on the concept of vegan, organic, and plastic-free. The second product is a sustainable chocolat made from bananas that have no quality problems, and are discarded because of their brown spots or other appearance.

 

③ 銀座松屋本店

松屋銀座のバレンタインフェアとして、「銀座バレンタインワールド」が開催されました。コロナ渦で、家飲みが増えたことで、お酒への関心が高まっています。そこで、お酒とともにたしなむために作られた特別なチョコレートが登場しました。

③ Ginza Matsuya Main Store

“Ginza Valentine’s Day World” was held as a Valentine’s Day fair at Matsuya Ginza. With the increase in home drinking due to the Corona vortex, interest in alcoholic beverages have been increasing. Therefore, special chocolate designed to be enjoyed with alcohol were introduced.

 

④ 仙台三越

パリ発、チョコレートの祭典、「サロン・デュ・ショコラ」が開催され、約100のブランドが出店しました。東北地方の原料を使用した限定商品が、3ブランドで販売されます。宮城県の阿部勘酒造店の「阿部勘 大吟醸」を使用し、お米の旨味を引き立てながら、口の中で心地よくとろける「阿部勘生チョコレート」が一例です。また、日本人ショコラティエがオーストラリアで経営している、ナカムラチョコレートが出店しました。

④ The “Salon du Chocolat”, a chocolate festival from Paris, was held, and about 100 brands opened.  Limited edition products using ingredients from the Tohoku region will be sold by three brands. One example is the “Abekan Raw Chocolate,” which uses “Abekan Daiginjo” from the Abekan Sake Brewery in Miyagi Prefecture to enhance the flavor of the rice while melting comfortably in the mouth. In addition, Nakamura Chocolates, which is run by a Japanese chocolatier in Australia, has opened a store.

 

⑤ ジェイアール名古屋髙島屋

世界中から選りすぐりの約150ブランドが集まる、日本最大級のショコラの祭典、「アムール・デュ・ショコラ」が開催されました。パティスリー・サダハル・アオキ・パリは亀山茶に注目し、6種類の茶葉をセレクトし、それぞれの茶葉の特性を生かしたショコラを出店。また、CO₂排出量が低い交通手段でお菓子を運ぶ、“旅するスイーツ”プロジェクトも実施されました。

⑤ JR Nagoya Takashimaya

“Amour du Chocolat”, one of the largest chocolate festivals in Japan, was held with about 150 brands carefully selected from around the world. Patisserie Sadaharu Aoki Paris focused on Kameyama tea, selecting six types of tea leaves and selling chocolate that made the most of the characteristics of each tea leaf. In addition, the “Traveling Sweets” project was carried out, in which sweets were transported by means of low-CO2 emission transportation.

 

⑥ 阪急うめだ本店

約300ブランド、3000種類のチョコレートが揃う、日本最大級のチョコレートの祭典「バレンタインチョコレート博覧会2022」が開催されました。カカオの産地によって風味の異なるチョコレートを楽しめる「カカオワールド」、地方の作り手の様々な想いを届ける「コミューナルチョコ」などのコーナーがあり、博覧会を散策するような演出がされました。

⑥ Hankyu Department Store Umeda Main Store

One of the largest chocolate festivals, “Valentine’s Chocolate Expo 2022” in Japan was held with 3000 different types of chocolate from 300 different brands.

There are corners such as “Cacao World” where you can enjoy chocolate with different flavors depending on the production area of cacao, and “Communal Chocolate” which conveys the feelings of various local makers.  It felt like walking about an exhibition for chocolate.

 

⑦髙島屋大阪店

年に1度の“ショコラの祭典”として、「アムール・デュ・ショコラ」が開催されました。“ショコラパレード”をテーマにし、ワールドショコラ、キャラメルスウィーツ、ポップススウィーツの3つのカテゴリーで商品を提案。ワールドショコラでは、世界旅行を楽しめるように、各国の個性派ブランドの商品がそろいました。

⑦ Takashimaya Osaka store

“Amour du Chocolat” was held as an annual “Chocolat Festival”. With the theme of “chocolate parade,” Items in three categories were proposed: world chocolate, caramel sweets, and pop sweets. At World Chocolat, a lineup of items from each country’s unique brands are available so that you can enjoy the feeling of traveling the world.

 

⑧岩田屋本店

「ショコラの祭典-2022-」が開催されました。2022年のテーマは、“ショコラの未来を創る”で、世界中のショコラを愛する人達のたくさんの幸せや笑顔を願う祭典です。ディヴァン、フランクケストナー、ダヴィド・カビィ、ルノートルからは、新商品が登場しました。

⑧ Iwataya Main Store

“Chocolat Festival-2022-” was held. The theme of 2022 is “Creating the Future of Chocolat”, a festival that wishes for the happiness and smiles of many chocolate lovers around the world. New items from Divan, Frank Kestner, David Kaby, and Lenotre were presented.

 

⑨博多阪急

“バレンタインを、私らしく”をテーマに、「バレンタインフェスタ2022」が開催され、145ブランドのチョコレートやスイーツが並びました。販売される商品は、電話で注文し、WEBで決済し、自宅に届く、リモオーダ―に対応します。また、リモオーダ―の数量限定商品として、3つのホテルとコラボレーションした商品も登場しました。

⑨ Hakata Hankyu

“Valentine Festa 2022” was held under the theme  “Valentine’s Day, Be Yourself”, and 145 brands of chocolate and sweets were lined up. “Remo Order”  supports orders by phone and online, and purchases can be delivered to your home. In addition,  products have collaborated with three hotels have introduced limited items through remote order.

 

⑩博多大丸(大丸福岡天神店)

博多大丸では、「お菓子なチョコ展」が開催され、100以上のブランドの商品が揃いました。九州深発見のブースでは、洋菓子メーカーと和菓子メーカーがコラボレーションした商品を販売。また、「地下鉄開業40周年記念セット」や「福岡市地下鉄DECOチョコ」も登場しました。

⑩ Hakata Daimaru (Daimaru Fukuoka Tenjin store)

At Hakata Daimaru, the “Unique Sweets Collection 2022” was held, and items from more than 100 brands were made available. At the Kyushu  Revelating Discoveries booth, items in collaboration with Western and Japanese confectionery makers were sold. In addition, “Subway 40th Anniversary Set” and “Fukuoka City Subway DECO (decoration) Chocolate” have also been presented.

以上、10店舗のバレンタインフェアを紹介しました。有名な菓子店からの出店はもちろんのこと、環境に配慮した商品や地域に限定した商品も登場し、日本のバレンタインの楽しみ方も変化してきています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

履修登録(りしゅうとうろく)は英語でCourse Registration。留学...

みやげ話は英語でone's travel stories。いいねボタンは“Lik...

2022年ヒット商品ランキング 6~10位

「ちょい呑み(のみ)」ブームはいつまで? 酒離れ(さけばなれ)を食い止められるか...

今年の干支(えと)のイノシシ(Boar)、日本の伝統的(でんとうてき)な食べ方を...

成人式の晴れ着に注目!振袖(ふりそで)は英語でlong-sleeved kimo...