桜の開花予想(かいかよそう=Cherry Blossom Forecast)、おおむね平年並みって英語で言うと?

桜の開花が待ち遠しい季節になりました。そこで今回は「開花予想」(かいかよそう)について会話してみましょう。

日本語と英語で、よんでみよう!

日本の習慣を英語で紹介(しょうかい)!みんなで日本語の記事が読める「にほんごサンデー」。
今回は、桜について、留学生のみなさんに、英語でどう説明すればわかりやすいかチャレンジしてみたよ!


2019年のソメイヨシノの開花は概ね(おおむね)平年並みだって、開花予想(かいかよそう)のニュースで言っていたよ。

According to the 2019 cherry blossom forecast, Yoshino cherry blossoms are expected to open on their average date of blooming.

 


開花日(かいかび)は、九州から関東南部は3月下旬、関東北部や北陸で4月上旬、東北が4月下旬、北海道では5月上旬ごろだって。

The peak bloom dates are in late March from Kyushu to the southern Kanto, in early April in both Northern Kanto and Hokuriku, in late April in Tohoku and around early May in Hokkaido.

 


お花見しながら宴会(えんかい)をする日本の習慣は、海外からの観光客にも魅力的(みりょうくてき)に見えるらしいね。

The custom of Hanami, involving a picnic party, seems attractive to foreign tourists.

 


アメリカの首都ワシントンで桜祭りが開かれるけど、その桜って、100年前の日本からアメリカへの贈り物(おくりもの)だって知ってた?

Have you known that the cherry trees lining Washington DC’s Festival originated 100 years ago as a gift of friendship to the United States from Japan?

もっとくわしく!

今回のテーマ「桜」は、実は日本の重要な観光資源。国土交通省の観光白書によると、桜の歴史から花見文化、桜を見ながらの露天風呂、桜餅など、「桜と日本人とのストーリー性を持たせた日本の桜」をテーマに中国、台湾など海外主要国においてプロモーションを実施してきた結果、「日本への観桜ツアー」が各国で定着してきているそうなんです。

また、日米関係でもこの時期は桜が主役。1912年に当時の東京市からワシントンに桜が贈られたことで、桜はアメリカ合衆国と日本の間の友好関係を表すものとして知られています。2019年の「全米桜祭り(National Cherry Blossom Festival)」は3月20日~4月14日の開催。日本がテーマのイベントとしては米国最大規模で、会期中に約160万人がワシントンを訪れる見通しだと言います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

格安航空便(かくやすこうくうびん=LCC)の関空(かんくう)、旅客数は3千万人超...

外国人のみなさんが、日本の伝統競技(でんとうきょうぎ=Traditional G...

内定(ないてい)した人必見(ひっけん)!給与明細(きゅうよめいさい)(Pay s...

翻訳(ほんやく)アプリ(translator apps)の実用化は東京オリンピッ...

通勤ラッシュの過ごし方―How to Survive in Packed Rus...

夏は世界のスパイシー料理を楽しもう―Enjoy World’s Spicy Fo...