カットソーやパーカー、着回(きまわ)し(Mix-Matching Style)アイテムの多くが和製英語(わせいえいご)だって知ってた?

最近、10着(ちゃく)や20着(ちゃく)など、少ない数でオールシーズン着こなす着回(きまわ)し術が人気です。そろそろ衣替(ころもが)えのシーズン。今回は「着回(きまわ)し」について話してみましょう。

 

日本語と英語で、よんでみよう!


急に寒くなったから、急いで衣替(ころもが)えしなきゃ。でも、春に着(き)ていた服をそのまま使いまわしてしまうとどうしても不自然(ふしぜん)になるよね。季節感(きせつかん)の違いは大きいね。

 


It’s being cold suddenly. You may need to put on more. However, it will be little bit odd if you still dress spring items, since the sense of seasons had shifted.

 


意識しなきゃいけないのは、やっぱり色。黒、グレー、ネイビー、カーキ、茶系(ちゃけい)だったら春でも秋でも着られるよ。秋らしくしたいなら、ワインレッドもいいみたい。

 


The first thing you should pay attention is the color. You can wear in black, gray, navy, khaki and brown both in spring and autumn. In order to have a stronger autumn mood, you can also dress in wine red.

 


着回(きまわ)しするなら無地(むじ)が無難(ぶなん)かな。模様(もよう)はストライプやチェック柄(がら)ならほかのアイテムと合わせやすいし、オールシーズン着られて便利だよ。

 


Clothes in plain colors can easily handle the mix-matching style. Patterns like stripe or check can always match with other items for all seasons.

 


ちょっと肌寒(はだざむ)い日はカーディガンが重宝(ちょうほう)するね。シャツやカットソー、Tシャツとも相性(あいしょう)がいいし、カーディガンの上にアウターを羽織(はお)れば、上手に重(かさ)ね着ができるよ。

 


A cardigan is a good choice for a cool day. It matches well with shirts, jersey knits, or even T-shirts. A jacket on the cardigan makes layers, which make you look more stylish.

 

もっとくわしく!

今回は、「着回し」に関するさまざまなファッションアイテムが会話に登場しました。

ファッションに関するカタカナ語には、日本で生まれた和製英語がたくさんあります。

そんな和製英語アイテムの10選を紹介しましょう。

 

  1. ワイシャツ:ビジネスやフォーマル用のシャツはdress shirtと言います。
  2. カットソー:cut & sewが由来になったと言われていますが、海外には存在しません。編み上げたジャージー生地を切って縫い上げたものなので、あえて言うとjersey knitsなどと言うことができます。
  3. トレーナー:同じくカタカナ語になっている「スウェット」なら通じます。英語ではsweatshirt, sweatsと言います。
  4. パーカー:フード付きの上着は海外でも人気です。英語ではhoody, hoodieと言います。
  5. ワッフルシャツ:ワッフル模様の編み方で作られたシャツなので、英語ではwaffle pattern shirtで通じます。
  6. ノースリーブ:英語では、袖丈がない服をno-sleeveと言うことができません。sleevelessという単語を使いましょう。
  7. スカンツ:「skirt×pants」から生まれた造語ですが、英語ではculotte trousersと言います。同じく流行しているガウチョパンツはgaucho pantsで通じます。
  8. スマートパンツ:脚がすっきり見えると人気のスマートパンツですが、英語ではslim pantsと言います。英語のsmartはカッコいいことを指し、体型とは関係ありません。
  9. イージーパンツ:ウエストゴムなどが特徴の、ゆったりしたパンツをさしますが、英語ではloose-fitting pantsと言います。
  10. ジャンパー:ジャンパーは和製英語で、英語ではzip-up jacketと言います。同じくジャンパーのことをさす「ブルゾン(blouson)」はフランス語由来ですが、英語でも使われる呼び名です。

 

いかがでしたか? 衣替えは四季のある日本ならではの習慣です。ファッションアイテムの言い方を覚えて積極的に話題にしてみましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もはや社内行事(しゃないぎょうじ)? 会社員のビアガーデン事情―Off-site...

おトクなクーポンアプリ、使ってる?―Why Don’t You Get High...

農業高校―Agricultural High School

悲しくならなくてもうつの兆候(ちょうこう)がある9つのサイン―9 signs o...

長持ちミント―Long Lasting Breath Mint

3月は転勤(てんきん)(Transfer)の季節。もし突然(とつぜん)転勤(てん...