Seasonal Change of Clothing=衣替(ころもが)えのコツ、Dan Sha Ri=断捨離(だんしゃり)って知ってる?

いよいよ10月。ジャケットや薄手(うすで)のコートを出したい時期ですね。そこで今回は「衣替(ころもが)え」のコツについて話してみましょう。

 

日本語と英語で、よんでみよう!


だんだん肌寒(はだざむ)くなってきたから、秋冬物(あきふゆもの)の服を出してこなくちゃ。

It’s getting a little chilly. We’d better take autumn and winter clothes out of the wardrobe.

 


今(こん)シーズンの流行も気になるよね。今持っている服とどうやって合わせようかな―、コーディネートのバリエーションを考えるのって楽しい!

I’m curious about the fashion trends this season. How can I mix and match my own outfits together – thinking about coordinated clothes is fun!

 


衣替(ころもが)えをきっかけに、思い切ってクローゼットを整理(せいり)して、気に入った服だけ残すようにしたいな。リサイクルすれば、いらなくなった服への罪悪感(ざいあくかん)もないし。

By the chance of seasonal change of clothing, let’s try to tidy up the closet, and organize the off-season clothes. We don’t need to feel guilty about recycling unnecessary ones.

 


リサイクルショップにフリーマーケット、ネットオークションサイトも増えてきたし、最近ではいらなくなった服を下取りして割引券をくれるお店もあるみたいだよ。

In fact, the number of recycle shops, flea markets and internet auction sites is increasing significantly. Recently, some stores let you exchange unwanted clothes for discounts.

 

もっとくわしく!

季節の変わり目に服を出し入れするときのクローゼットの整理は万国共通の悩み。日本人が書いた「断捨離」の本が海外でベストセラーになるほどの人気ぶりだとか。今回はこの「断捨離」について、くわしく話してみましょう。

 

“Dan Sha Ri” is a Zen Buddhism term which means “Refuse, Dispose and Detach.”

(断捨離とは禅宗の言葉で「断て、捨てよ、手放せ」という意味です。)

It describes the process of decluttering our life by throwing away all you don’t need.

(いらないものを全て捨て去るという「持たざる生活」のプロセスを表現したものです。)

Its philosophy is called minimalism that refers not just to physical declutter, but also to mental and emotional declutter.

(モノを片付けるだけでなく、心や感情の整理も含むので、この哲学はミニマリズム、すなわち最小限主義とも言われます。)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内定(ないてい)した人必見(ひっけん)!給与明細(きゅうよめいさい)(Pay s...

義理チョコ(ぎりチョコ=Obligatory-gift Chocolate)は日...

日本のかぼちゃはPumpkinじゃない!英語で言うと、Kabocha Squas...

山開き(やまびらき)は英語でthe climbing season began。...

大晦日(おおみそか=New Year’s Eve)のよくある過ごし方は?

やっぱりお歳暮(おせいぼ)って必要?お取り寄せ(おとりよせ=Backorder)...